武富士の創業者から株を贈与された長男が、贈与税など約1330億円の課税処分取り消しを求めた訴訟で、最高裁判所は、課税を適法とした2審判決を破棄し、処分を取り消しました。http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=81080&hanreiKbn=01

カテゴリー: ニュース、トピックス パーマリンク

コメントは停止中です。