「役員給与に関するQ&A」に「業績の著しい悪化が不可避と認められる場合の役員給与の減額」が追加されました。いまだ数値的指標が悪化しているとまでは言えないものの、役員給与の減額などの経営改善策を講じなければ、客観的な状況から今後著しく悪化することが不可避と認められる場合には、業績悪化改定事由に該当するとされています。http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/hojin/qa.pdf

カテゴリー: ニュース、トピックス パーマリンク

コメントは停止中です。