国税庁から、「平成23年度分の不服申立て及び訴訟の概要」が公表されました。訴訟の件数は391件(前年度350件)となり、前年度より11.7%増加しています。今後、税務調査がさらに厳しくなることが予測されますので、通常の税務申告書の作成だけでなく、税務調査後の対応まで考慮することが今後は重要となってきます。http://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2011/fufuku_h23/index.htm

カテゴリー: ニュース、トピックス パーマリンク

コメントは停止中です。