消費税の増税等を定めた「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律案」が衆議院で可決されました。これによると、消費税は、平成26年4月1日より8%に、同27年10月1日より10%となります。企業にとっては、ますます消費税の扱い方が重要になると思われます。
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_gian.htm

カテゴリー: ニュース、トピックス パーマリンク

コメントは停止中です。