国税庁より、平成23年度査察の概要が公表されました。査察の処理件数189件の内117件(6割以上)が刑事告発されています。脱税の方法としては、売上の除外や架空の原価・経費の計上、また、国際取引を利用した事例として、国内取引の海外法人の取引への仮装が報告されています。http://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2012/sasatsu_h23/index.htm

カテゴリー: ニュース、トピックス パーマリンク

コメントは停止中です。