平成23年度税制改正において、以前より問題となっていた税務調査手続の明確化等を目的とする国税通則法等の改正が行われました。以前は、不明確な手続きにより中小企業に対して強引な税務調査が横行し、問題になっていました。この改正により調査の手続きが明確化され、税務行政の透明性が改善することが望まれます。なお、国税庁より9月13日付けで、この改正のパンフレットが公表されています。http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/data/h24/nozeikankyo/pdf/01.pdf

カテゴリー: ニュース、トピックス パーマリンク

コメントは停止中です。