国税庁はこのほど内部で行われた会議で、連結法人及び国際課税に関連した調査を重点的に行っていくこととしました。平成22年度税制改正で連結子法人の連結開始前欠損金の持ち込み制限の緩和により連結法人が急増していることや、企業の拠点を国外に移転することにより国際的な取引が増加していることに対応するとしている。

カテゴリー: ニュース、トピックス パーマリンク

コメントは停止中です。