経済のグローバル化に伴い、企業や個人の海外取引や海外資産の保有・運用が増加する中、国税庁は、租税条約等の規定に基づく外国税務当局との情報交換を積極的に実施することにより、海外関連取引の調査を強化しています。
 今般、平成23年度(23年4月~24年3月)における海外関連取引の調査の実施状況が、国税庁より発表されましたので報告します。この発表を見ても分かるとおり、国外に資産を移転して節税を行うのは、年々難しくなってきており、慎重な対応を検討すべきです。
http://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2012/joho_kokan/joho_kokan.pdf

カテゴリー: ニュース、トピックス パーマリンク

コメントは停止中です。